香水の種類

香料とアルコール、蒸留水を調合して作られる香水は、香料を溶かした割合(賦香率)によって5つの種類に分けられます。最も賦香率が高くて、香水を身につけてからの持続時間が長いものを「パルファン(パルファム)」と呼びます。パルファンの賦香率は15~20%で、持続時間は約5~7時間。濃密で深みのある香りが特徴で、華やかなパーティーなどにもぴったりです。ただし、量をつけすぎてしまうと周りの迷惑になる場合もありますので気をつけましょう。

 

パルファンの次に香り高いものを「オーデパルファン(オーデパルファム)」と呼びます。

賦香率は10~15%、持続時間は5時間前後とパルファンほどの濃密さはありませんが、深みのある香りが特徴です。また、種類が豊富で、好みの香りを見つけやすいといわれています。パルファンと比べて価格がリーズナブルなものが多いです。

 

その次は賦香率が5~10%、持続時間が3~4時間の「オーデトワレ」です。なじみやすいソフトな香りですので、香水初心者にも向いています。濃度が低いので、香りの重ねづけもできます。さりげなく香りますので、昼用の香水として認識されています。

 

オーデトワレの次は「オーデコロン」です。オーデコロンの賦香率は3~5%、持続時間は1~2時間です。香りの濃密さはあまりありませんが、リフレッシュ効果が高いと言われています。爽快感も感じられますので、カジュアルな場やスポーツ、勉強のあとなど、気分転換につけてもいいかもしれません。

 

肌が弱い人や子ども向けにアルコールを使っていない「オーデサントゥール」というものもあります。賦香率は1~3%、持続時間は1~2時間。就寝前につけて、香りを楽しみながら眠るのもいいでしょう。

 

しかし、この種類分けはあくまでそれぞれのメーカーが発表しているだけであって、持続時間が保証されるわけではありません。表記は参考程度に見ておいたほうがいいかもしれません。

 

賦香率による種類分け以外にも、レディス向け、メンズ向けなどにも分けられます。女性向けには「Pour Femme」や「For Woman」、男性向けには「Pour Homme」、「For Men」などと表記されています。最近ではユニセックスのものも増えていますし、男性用を女性がつけてはいけないということはありませんが、贈り物にするときなどは確認しておいたほうがいいでしょう。

この記事を読まれた方は、下記記事も読んでいます

サブコンテンツ

このページの先頭へ