香りの変化

香水の種類は賦香率によって分けられ、それぞれの持続時間が違うわけですが、持続時間と言われる時間の中でも香りは変化していきます。香水の中には数種類の香料がブレンドされていて、香りが早くに出るもの、時間がたってから香るものなどがあるからです。時間の中で変化していく香りを三段階に分けたものがあり、それを「香りのピラミッド」と呼びます。

 

香水を身につけた瞬間に香る香りのことを、「トップノート」といいます。トップノートは柑橘系、シトラス系のような揮発性の高い香料が香ります。アルコールと一緒に揮発するもので、刺激的な香りが多いですので、人の多い場所に行くとき、人と会うときなどは30分くらい前につけておくといいでしょう。ラベンダーなど、軽い香りはトップノートだけで消えてしまいます。

 

その次に香るのが「ミドルノート」です。ミドルノートは、香水をつけてから30分~2時間ほどで香るもので、その香水の本来の香りがバランスよく香り楽しむことができます。ミドルハートと呼ばれることもあります。フローラル系、フルーティー系などがミドルノートとして香ることがおおいです。調香師が香りを作るときに一番大切にするのがミドルノートであるとも言われています。

 

そして、香水をつけてから2時間以上たってから香るものを「ラストノート」と呼びます。ベースノートと呼ばれることもあり、残り香が楽しめます。ムスクやアンバーなど、甘みがあったり、深みのある香りはラストノートまでしっかり残っていることが多いです。

 

香水と言っても香料をブレンドしていないものもあります。一種類の香料とアルコール、蒸留水のみで作られている香水の場合は「シングルノート」といって、つけてから香りが消えるまで同じ香りが続きます。

 

香水は、つけた人によってかなり香りが変わるものです。たとえばお気に入りの香水を探しているときに、お店で試しに香水をつけたとします。すぐにその場でわかるのはトップノート。しかし、ミドルノートやラストノートはわかりません。迷った時は2時間以上時間をおいてみて、香りの変化を感じてから決めるのもいいかもしれません。テイスティングするときは、ムエットではなく、実際に肌につけることが重要です。

この記事を読まれた方は、下記記事も読んでいます

サブコンテンツ

このページの先頭へ