加齢臭が染みついた服やシャツをごっそりと落とすには?

加齢臭の臭いが染みつき易い場所として、寝室の他にあるのが、

旦那様のスーツやYシャツなど衣類です。

特に首回り、脇などは臭いがこべりついているのか、

洗っても洗っても落ちないっ!無性に腹が立ってくることありませんか?

 

対策方法といえば、強力な洗剤や重曹を使用したり、

消臭効果のある衣類に切り替えるといったものが一般的です。

 

しかし、大切なのは根本的な対策です!

これらの方法は一時的なしのぎにはなるかもしれません。

でもニオイを発する大本をどうにかしないと、

加齢とともにきつくなる臭いにいずれどうにもならなくなっちゃいます!

そこでおススメなのが、加齢臭を抑えることができる専用石鹸AGICAスキンケアソープです。

AGICAスキンケアソープのすごさ

 

実は冬場の方が臭いが染み込んでしまう!

衣類の臭いというと、どうしても夏場の熱い時期に強いイメージがありますが、実際には冬場の方が臭いは落ちません。

さらに冬場の汗は濃い!そして留まりやすいんです!汗を沢山かく人は、どうも臭いが強いというイメージがありませんか?ですが、加齢臭の場合、汗をかかない冬のほうが、アンモニアや皮脂などを含む、濃い汗を流しやすいんです!

さらに、衣類を重ね着しやすい季節なので、通気性が悪くなり、
汗が長時間皮膚に留まりやすくなり、臭いが染み込んでしまいます。そのため、むしろ冬場の方がしっかりと洗濯をする必要があるわけです! 

加齢臭は一般的な体臭よりも頑固で、普通に洗濯したのでは落ちません。とくに皮脂腺が集中する場所に触れる、下着、首回り、脇は頑固そのもの!放っておくと繊維の奥まで染み込んでしまいます。

そこで加齢臭に適した洗濯方法をとりましょう。加齢臭対策用洗剤などが有効です。色落ちしてしまう可能性があるため、基本Yシャツなど白物には注意しましょう。

干し方にも注意が必要です。
室内干しや陰干しは生乾きの原因になり十分に加齢臭が取れません。必ず、天気の良い日を選択し、雨の日の洗濯は避けましょう。また日照時間が十分に射す、朝9時~午後3時を目安にします。

加えて、洗濯物が密集しないように干すのも重要です。密集すると全体に日光が届かないため、臭い成分を除去できません。加齢臭が強い洗濯物は十分にスペースのある、別の場所に干すと良いでしょう。

 

対処でなく予防をして、洗濯を楽にする?

衣類の洗濯対策はしょせん対処方法に過ぎません。

ニオイを発する根本の人をどうにかしないと、結局また臭くなってしまいます・・・。

しかも体臭・加齢臭は年齢を重ねるごとに、強さを増していきますから、

やはり臭い自体の発生を抑える加齢臭対策用石鹸がおススメです。

これだけで、すごく洗濯が楽になりますよ。

加齢臭用対策石鹸とは

この記事を読まれた方は、下記記事も読んでいます

サブコンテンツ

このページの先頭へ