年齢と体臭の関係

体臭と年齢の関係性は、多くの人が知っていると思います。

体から発散されるニオイは歳を重ねるごとに強くなっていきます。

このことは、「加齢臭」という言葉からも分かると思います。

体臭と年齢の関係性と、加齢に伴なっていますニオイのケアの仕方についてまとめます。

 

高齢になり唾液の分泌が下がれば、口臭も強くなります。

肺機能の低下が原因で汗のアンモニア濃度が増し、

皮脂からのニオイがきつくなり「加齢臭」へとつながります。

また、膀胱や腸といった内臓の機能が低下することが原因で体臭がきつくなるとも言われています。

このことから分かるように、人間は歳を重ねるほどに体臭がきつくなるのです。

しかし、これは生理現象であり、防止することは不可能です。

なので少しでもニオイを弱くする方法を考えることが最善でしょう。

 

加齢臭は、特別な病気などではないので使っている石鹸を変えるだけでも大きな効果を期待できます。

また、生活習慣を改善するだけでも同様に大きな効果を期待できます。

例えば、食生活を改善することです。ダイエットなどで食事制限をしていたり、

時間がなく偏った食事になっていたりすることが加齢臭を助長する原因になります。

無理な食事制限は、体内の中性脂肪を燃やし、脂肪酸へと変化させます。

この脂肪酸は体臭の原因になります。

 

また、食事制限が原因でストレスがたまり、

このストレスが原因で体臭の原因である活性酸素を増やすといわれています。

日常の食生活など、ちょっとした生活習慣を気にかけて、

良いものにすることで加齢臭を抑えることが可能です。

この記事を読まれた方は、下記記事も読んでいます

サブコンテンツ

このページの先頭へ